忍者ブログ
坑底生涯錄
人生笑話,笑話人生。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


FictionJunction YUUKA
2nd Album
「circus」

All Songs : 作詞.作曲.編曲: 梶浦由記


拍手



1. circus

この寂しさから逃れられず、ずっと
君に会えること信じていた
遠い時のcircus

夏の日の夕暮れの孤独が消えてゆく
情熱と安らぎの振り子が揺れる

生きてる意味が今とてもリアルになる
愛を呼んで泣いて

君の姿、君の声を捜してた
この永遠を旅してきたの 一人きりで
ねえ、寂しさから逃れられず、ずっと
時の彼方、二人が始まる今を
夢に見てた


同じ場所、違う声で笑ってくれたら
切なさもコーラスになって響くよ

踊り歌い叫ぶ私を見届けて
愛の幕を開けて

身体全部で心を受け止めたら
この寂しさは愛しさを知る為の標
君に会う為に生まれたのねきっと
この一時、二人が始まる今が
夢のcircus

幕が開く……




*** *** *** *** ***



2. aikoi

抱きしめてキスしたって
君を好きになってく気持ちに果てはない
吹き荒れる恋を
葛藤と楽観と達観で乗り切るだけ

進めコイゴコロ迷わずに君の元へ
夜も昼も花も嵐もきっと踏み越えて

世界の感情全部揺さぶって
孤独な心情すぐに伝えたい
足りないもののない、ありのままの
愛が欲しいだけ

逆巻く純情 君の手を掴む
このまま想像の世界に落ちてく
変わらぬ日々を変えて行くわ
愛をこの胸に


離れないで 側にいて
だけど本当は何が欲しいのか見つからない
「コイビト」って
とても散漫で曖昧で頼りない言葉だね

こんなコイゴコロ真っ直ぐに綺麗なものね
夏も冬も天高くある星に手を伸ばす

世界の惨状 君がいなければ
優しい感情消えてしまいそう
欠け落ちた胸のありのままで
君を捜してる

溢れる純情 甘いキスだけで
容易く想像の限界を超えてく
夢より深く一つになる
愛を捜してる

世界の感情全部揺さぶって
このまま想像の限界を越えてく
変わらぬ日々を変えて行くわ
愛をこの胸に
愛をこの胸に




*** *** *** *** ***



3. Silli-Go-Round

(夢から醒めてもこの手を伸ばすよ……)

同じ強さで呼び合う
心になれるのならば
何人分の傷でも僕は受け止められるよ

もう少しだって気がするんだ
この壁が崩れる
黎明

夢から醒めてもまだ見ない夢の方まで
僕等は一人で走り続けるしか無いんだ
転がり迷って作り出す僕の引力
いつか
君へ


寂しさに流されたり
嘘を嘘で隠したり
何度も間違えたのに
また「最後の恋」をして

見飽きたはずの黄昏
こんなに綺麗だと泣いた


ゴールのつもりでリセットボタンに飛び込んで
僕等はぐるぐる同じ場所を回ってるんだ
勢い任せで いつかは昨日の引力を
越える
君と

僕は君に出会う

夢から醒めても
僕らは夢を乗り継いで
まだ見ぬ誰かに懲りずにこの手を伸ばすんだ
足りない心と身体が愛を捜す引力が
届く
君に




*** *** *** *** ***



4. blessing

kiss me, my angel
フレスコの空から
愛の翼はためかせて欲しい
bless me and my heart
離れないでいたいの 夢を叶えて

いちめんの秋だね
キラキラ胸を刺す
二人いることが
そのまま祈りになる

初めて恋してるみたいに
綺麗な不安が溢れてく
君の目の方へ

kiss me, my angel
灰色の野原に
愛の調べ さざめき降り注ぐ
bless me and my heart
離れないでいたいの
夢を叶えて


雲を抜けてくる
迷いの無い光
二人手を取って
一枚の絵のように

初めて触れ合った一瞬に
私の全てが流れ込む
君の目の中に

sing me, my angel
フレスコの空から
愛の調べ ソプラノ響かせて
bless me, my sorrow
信じ続けたいの
愛の遥かを


頼りにしていた花が散る
綺麗な不安が溢れ出す
君の目の方へ

kiss me, my angel
フレスコの空から
愛の翼はためかせて欲しい
願いは一つ
離れないでいたいの
とこしえに
愛を叶えて

いちめんのひかりに
いのりをこめて




*** *** *** *** ***



5. 荒野流転~Full Size Mix
月影凍る大地を
転がり踏み分けてゆく
滅びと再生の時代が始まる

自由を重く掲げて
道なき道を選んで
真昼より眩しい日没を越えて

夢を語るように時の船は行く
その闇路の向こうに新しい夜明け

僕等はきっと暗闇の腕から生まれてきた
かなわぬ恋をするように
光へと彷徨ってく
何処までも果てしのないこの道を
帰る術は無い


生き抜くことに戸惑い
死に往く事に怯えて
僕らの呼吸には哀しみが宿る

叫びは孤独に失せて
涙の滴を啜り
誰もが一人きり荒野を流離う

あれは月の夢か 白く光る花
けぶる丘の彼方 煌めき手招く

胸に響く悠久の音楽に耳を澄ませ
風に惑う砂のように
刹那へと消え失せても
何処までも果てしのないこの道を
荒野の向こうへ

あれは月の夢か……

僕等はきっと暗闇の腕から生まれてきた
かなわぬ恋をするように
光へと誘われて
何処までも果てしのないこの道を
帰る術はない
彼方へ……




*** *** *** *** ***



6. よろこび

落ちてくるオリーブを集めて
星の欠片と君に手渡した
魚の影が横切る夕空
「一緒に行こう」

すりむいた膝の甘さがね
この世の影を生き抜く秘密です
現を抜けて
幻の園へ
月の出を待つ頃

奏でる歌は薔薇の色
星空の船で行こうよ
一番深い琥珀の闇へ
灯火のようなカスタネット
鏡の中に映ってる
知らない顔を道連れに
銀の小鳥がさえずる森へ
波打つ時間の向こうへ


手招いて、おとぎの岸辺へと
子供の声で私を連れ出して
見張りに瞳を潜って行くから
月の出を待つ頃


孤独の夢の玉響へ
遊び戯れて行こうよ
胸の花火が焼け付くほどの
よろこびが待っているよ

見送る歌は薔薇の色
星空の船は急ぐよ
銀の小鳥がさえずる闇へ
波打つ時間の向こうへ

一番深い琥珀の闇に
よろこびが待っているよ


*カスタネット: castanet,響板(打擊樂器)




*** *** *** *** ***



7. 光る砂漠

夢の途切れた白い真昼に
心を風に任せ浮かんでる

風は僕らを未来へ
眠り漂う間も
運ぶ

還らぬ記憶がくれた優しさで
静かに歩き出せる気がしてる

さよならと手を振りながら
砂の輝きの中を
行くよ

僕等は 見えない明日を見上げて
躊躇(とまど)う 心をそのまま掲げて
生きていることを 許し始めてる
夏の砂漠の
水辺で


眩しい世界の中に
一つの影を落として
行くよ

僕等は 逆巻く明日を見上げて
始まる 夜明けはこんなに甘くて
生きてゆくことを僕に許してる
素直な未来へ歩き始めてる
光る砂塵の
向こうへ




*** *** *** *** ***



8. romanesque~Full Size Mix

終わらない夏のように
散らない花のように
抱きしめたその腕を
ずっと離さないでいてよ

憧れを繰り返し 何処へも行けなくても
抱きしめたその腕をずっと離さないでいてよ
今、昨日も明日も燃やし尽くしてもいい
切なさの立ち止まる
この一時が二人の全てよ


縋り付いてみても
胸はまだ違う儚さで
時のリズム数えてる
赤い星の夜

消えて行く温もり 繋ぎ止めたいのよ
瞳閉じた君を

憧れを繰り返し 何処へも行けなくても
抱きしめたその腕をずっと離さないでいてよ
時の慰めの全て消し去ってもいい
切なさを焼き尽くし
今生きているのここに
二人で

胸が痛むほどの情熱
心委ねたら
なくしたものこの腕に
取り戻せるようで

分け合った涙がこぼれ落ちないよう
瞳閉じていたの

夢のような時に終わりは来るのね
寂しい額には月の優しさ……

終わらない夏のように
散らない花のように
抱きしめたその腕を ずっと離さないでいてよ
今、寄る辺のない恋に消え去ってもいい
切なさの立ち止まる
この一時が二人の全てよ




*** *** *** *** ***



9. ピアノ

小さな貝殻ひとつ
飾る海のピアノ
さびしいラムネのような
音符がほら
こぼれ出す

何を恋しがって
この胸は泣くのだろう
愛を飲み干したら
もう海の底には
遠く

波音に誘われて
爪弾く青いピアノは
逝く春の思い出を
このまま戯れに
なつかしむ


一番好きな曲だけ
弾けずにいた ずっと
貴方が教えてくれた
音符がもう
見えなくて


愛を恋しがって
この胸は泣くのです
肩に優しい手を
まだ待っていたくて
ひとり

波音に誘われて
寄り添い離れる和音
この指が紡ぐのは
悲しい歌ばかり

波音寄せて返し
爪弾く青いピアノは
逝く春の思い出に
貴方の手のひらを
なつかしむ




*** *** *** *** ***



10. 六月は君の永遠

小指を繋いで
揺れる季節を
同じ視線
同じ胸で
見ていた

喜び哀しみ全てが消えて
ふたりだけが
そらのなかに
残った

六月の晴れ間だから
道も屋根も輝いて
わたしだけ
あなただけ
そんな永遠

水たまり飛び越したら
頬を寄せて笑ってる
愛しさも
切なさも
ひとつに溶けて

やがて世界の全てが消えて
ふたりだけが
そらのなかに

ゆめも
あしたも




*** *** *** *** ***



11. 焔の扉

傷付いた指で暁のドアを開くよ
明日をこの手で選び取ると決めたから

風よ今強く
この身に纏った炎を支えて

扉の向こうへ
優しい手を振りかざして
涙を奪うよ
もう一度愛を信じるために


小さく瞬く
あれは誰を送る光
空に咲く花を子供達は指差して

消えた地平へと
希望の種を捜しに飛び立つ

過ぎゆく夕凪
哀しみよ今は静かに
私を見守って
いつかまた故郷へ還る
その日まで


嘆きの大地に赤い雨は降り注ぐ
風の泣く声は暗い焔を煽って


それは遠い約束
懐かしい声
震える胸をどうか支えて
my dear……

焔の扉へ
優しい手を振りかざして
明日を奪うよ
もう一度愛を知りたい、心から
今開く
運命の空




*** *** *** *** ***



12. angel gate

子供の頃は信じてたね
ぬくもりのくれる優しさを
何処で君とはぐれたのかな
ずっと心を閉ざして

ただ泣いてた
傷付くことが怖くて
青空から目を逸らして

my angel gate
開けるはず
鍵はこの手の中にある
私が今ここにいることを
喜びだと思いたい
夜明けは近くにある
明日君を抱きしめたら
信じることをもう一度はじめよう
my angel gate 開くよ
光になる

少しだけでも笑顔になれば
世界はこんなに優しいって
思い出して…

一人だと気が付いた時に
一人じゃないと笑ってくれた
君がいたから

my angel gate
幸せまで遠い道を歩き出す
いつか辿り着けるその日まで
ただ笑顔でいたいよ
夜明けを告げる鐘の
高く響くこの場所から
愛することをもう一度始めよう
my angel gate 開くよ
光の中

信じてみたい、ぬくもりを
my angel gate
光になる……










手好痛(死)


這張專輯果然好棒啊啊啊啊・゚・(ノ∀`)・゚・。

舊曲也好新曲也罷,整個專輯曲目的編排真的是可以說是完美
梶浦老師曾在訪談中說過有關專輯名稱的事,
取為circus是想要讓大家進入名為FJY的馬戲團帳篷內,欣賞他們所創作出來的種種不同的音樂世界。
專輯一開始就從標題曲的circus引導聽眾進入馬戲團看獅子跳火圈(誤)circus的世界,
接著就像馬戲團裡的表演,一曲接著一曲將FJY的世界呈現在大家的眼前。
最後以angel gate收尾的安排更是絕佳,因為聽完都萌的升天了(誤)
彈完鋼琴就手牽手結婚去然後穿過火圈火燒門升天去....(被拖走)

booklet裡的照片感覺也可以拿出來說說故事,
比如說某張照片就是YUUKA要撿起地上的甜甜圈拿起來吃.....
....不!!!不要隨便撿地上的東西吃嘎啊啊啊啊啊啊!!!(喂喂

如果要說新曲裡滿喜歡的曲子的話嘛...
可能就是「ピアノ」與「六月は君の永遠」吧。
「六月は君の永遠」這首歌詞怎麼看都覺得滿有要走紅毯的感覺,
但是為什麼曲調那麼悲啊wwwwwwwwwwwww(壞)

孩子的爸曰: 活像是要去天國結(ry


不管怎麼樣...
專輯的每一首歌都被她唱的好動人好想哭啊゚+。*・。゚(* ノヮ`)゚。・*。+

YUUKA萌えだよYUUKA~・゚・(ノ∀`)・゚・。



還有恭喜本張專輯登上Oricon週榜第十名~
連續兩張專輯都有進前十名~(*´∀`)


PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
謝謝歌詞了~
雖然我不懂日語...
新曲當中我也是最喜歡「ピアノ」和「六月は君の永遠」呢~ > <
紫河醉雨 2007/07/12(Thu)14:27:02 編集
Re:紫河醉雨
>謝謝歌詞了~
>雖然我不懂日語...
>新曲當中我也是最喜歡「ピアノ」和「六月は君の永遠」呢~ > <

不懂日語沒關係,靠著愛與電波就絕對看的懂!(誤)
【2007/07/13 23:45】
無題
激萌XD
我上禮拜六入手了
打開了荒野流轉的PV
阿 YUUKA阿=口=!!!!
小花噴噴噴噴!!!
阿雷 2007/07/14(Sat)14:16:12 編集
Re:阿雷
>激萌XD
>我上禮拜六入手了
>打開了荒野流轉的PV
>阿 YUUKA阿=口=!!!!
>小花噴噴噴噴!!!

YUUKA萌~!!!(滾地滾地滾地)
荒野的PV真是會讓人看到口水流滿地呢(恍惚狀態中)
【2007/07/17 05:34】
無題
romanesquePV也很噴阿XDD!
YUUKA性感的舞姿阿
喔喔喔 喔喔喔喔XDDD!
我真想當那只被摔破的玻璃杯阿(為何XD?)
阿雷 2007/07/20(Fri)20:02:19 編集
Re:阿雷
>romanesquePV也很噴阿XDD!
>YUUKA性感的舞姿阿
>喔喔喔 喔喔喔喔XDDD!
>我真想當那只被摔破的玻璃杯阿(為何XD?)
那~~那那那~~~那我想當那些飄散的花瓣(咦)
看PV真是享受(陶醉)
【2007/07/28 11:26】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Profile
HN:
Sakuya
性別:
非公開
職業:
萬年修羅人間
趣味:
靈魂出竅
自己紹介:
不糟糕不腐敗不過激的正直好青年。(慢著!)
重度YUUKA控+兔子控,如果看到暴走亂撒花的親馬鹿請當做沒看見。
個人的萌屬性有很多種,自認是制服眼鏡美腿控,還可以為了兩條美腿就去看一部動畫。
blog文章更新頻率不定,動畫感想難產中orz

連結本blog大歡迎~
基本上blog內的圖文因為都很奇妙(?),所以要轉載的話我會很害羞,若能附上出處來源的話我會非常高興的,甚至會高興到要燒香為施主祈福


自我支援:
☑ 喰霊-零- LOVE同盟
噗噗噗噗噗...Plurk
坑底twitter time
留言Box
有任何苦情歡迎在這留言~

最新Trackback
(引用)
猫肉球萌殺人啦(*´Д`)ハァハァ
Blog内検索
Access解析
Counter(記數器)